カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

永年表彰 2006.2.11

c0035828_1631917.jpg


 当社の大澤愛香さんが、1月18日をもって勤続10年を迎えました。
 そこで、今月のミーティングの時に上記の表彰状と金一封を進呈しました。

 豊かな友の由来の通り、16年前に友達数名で興した会社ですが、創業時にいたメンバーは私の他には誰もおりません。
 私の次に永く豊友土木に在籍している大澤さんは、10年前パートとして入社しましたが、7年前から正社員として活躍しております。
 この10年、会社にとっても大澤さんにとっても激動の時間でありましたが、彼女は、前向きに一生懸命社業に貢献してきたと思います。

 終身雇用の時代が終わり、多様な価値観のもと、1箇所に勤めるよりも、より働きやすい環境を求めて転職したり、派遣登録したりするのが主流の現在、吹けば飛ぶような小さい会社に10年勤め続けるのは容易なことではない。感心するとともに感謝いたします。

 今話題のライブなんとかは、急速に社員・関連会社が離れていっているとのこと。
 元々、あの会社の社員定着率は1年無かったようだ。
 所詮、金とか技術とかステータスだけのつながりなどはそんなものだ。

 先日テレビの報道番組で、「現在は起業数が伸びており、年間9万社を超えている。 ところが、そのうち約半数は1年以内に廃業し、10年以上存続する会社はそのまた半数、 つまり1/4程度しか残らない」と言っていました。

 金もコネも能力もない当社がここまで存続できたのは、関係各位のご協力のおかげですが、彼女のような従業員達の努力の成果であることも間違いありません。

 一部では「最初で最後の表彰」という噂もありますが、何の何の次なる表彰者輩出に向けてこれからもがんばります。 ちなみに大澤さんはこれからも勤続20年目指してがんばっていただいております。
 
c0035828_1614911.jpg



 
# by houyuu2 | 2006-02-12 16:09 | houyuu通信
しっかし、怖いですね~。 株? ではなくマスコミです。
さんざん持ち上げといて、ズドーンですね。
「時代の寵児」と持てはやしたタレント社長に対して、
各局競い合うように「バッシング」。
「だろー。俺が言ったとおりだろー。」と結果論をまくし立てる経済学者と評論家。
問題解決にならない悪者探し。小泉が悪い。武部が悪い。アメリカが悪い。
待ってましたとばかりに批判するのは、それこそ「風説の流布」にならないの?
失敗した人間を非難して、勝ち誇った顔して今の社会まで批判して何が楽しいの?
今まで黙っていたくせに・・・・。 だったら初めから言え。
同じ場面や発言を繰り返し報道されると、見ている方も何となく悪者に見えてくる。
テレビは本当に怖い。 


 自分自身、「実態のない錬金術や株、賭け事に興味がない」と言ったら嘘になりますが、実際にやっていないので思考の優先度は低いのだと思います。
 ただ最近の利鞘ブームと言うかマネーゲームと言うか、「とにかく儲かれば良い」的な潮流に動揺していたことは正直言ってありました。
 自分達みたいに「汗をかこう」だとか言っていると、世の中の流れについていけないのかなぁ という迷いもありました。
 が、今回の事件で、「やっぱり自分達は間違っていなかったんだな」と思いました。
 
 市場原理主義でバリバリ行くのもよし、リベラルでスローライフを目指すもよし。
大事なのは、「自分の信念と価値観に合った生き方をする」ことであり、「共感できる仲間を集う」ことであり、「社会の役に立つ」ことなのだ。
 「理念型経営」が時代に合っているかどうかは別として、自分には合っている気がする。 
 未だ儲かっていませんけど。。。 
 
 堀江社長については、会ったことも無いし、やっていることも良くわからないので、特にコメントはありません。
 堀江さんにとっても、一番のショックは、「仲間の死」だったのではないでしょうか。
 いくら金だしても、命は買えませんから。。
# by houyuu2 | 2006-01-22 17:19 | ひとりごと

初雪 2006.1.22

c0035828_13324557.jpg


埼玉にも今年の初雪が降りました。 
今年は、日本海側の各地で大雪が降り続き、その地域に暮らしている人々の生活を脅かしていますので、雪が降って心が躍ることはありませんね。

しかも今日は朝から好天気で、人通りの多い場所は殆ど解けてなくなっています。
上の写真は当事務所前の雪解けの様子です。 風情のない写真ですみません。

子供の頃は雪が降ると喜んでいたのかもしれませんが、
私は、雪はあまり好きではありません。 スキーもやりません。
何より写真のような解けた状態のぐちゃぐちゃが嫌いです。

確かに、雪の降り初めや一面の真っ白な雪景色は綺麗です。
綺麗に積もっている時はいいんだけど、お天道様の光を浴びると次第に解けてきて
灰色のぐちゃぐちゃしたものに変わる。。。

うっすら雪景色は綺麗なんだけど、4mも積もると深刻な問題が多発する。

薄化粧はいいんだけど、厚化粧はよろしくない。

うーん 今日の私はちょっとネガティブ。。。。
# by houyuu2 | 2006-01-22 13:32 | ひとりごと

新年 2006.1.5

平成18年 戌年
c0035828_14162891.jpg

 
 あ ありは象の道を通れるが、象はありの道を通れない。
 け 経営者は、望遠鏡と顕微鏡とフェンダーミラーを持て!
 ま 迷ったら相談と行動。原点に帰れ。
 し 仕事とは社会の役に立つこと。
 て 低分配率高賃金を目指せ。
 お お客様が喜ぶ、協力者が喜ぶ、そして豊友土木が喜ぶ。
 め 明、元、素が企業を活性化させる。
 で 出来ない理由を考える前に、出来る方法を考えよう。
 と 遠くの親戚より近くの仲間を大切にしよう。
 う 「美しさ」は「確かさ」と「速さ」の先にあります。

今年も「良い会社、良い経営者、良い経営環境」を目指してがんばりますのでご指導よろしくお願いします。



 
# by houyuu2 | 2006-01-05 14:17 | houyuu通信

地域 (2005.11.21)

c0035828_1304698.jpg
時系列が逆になりますが、先々週の土曜日に鎌倉に行きました。
なぜ行ったかといいますと、私の中学校時代のクラス会があったからです。

千葉県千葉市にある友人宅に朝9:00集合。中学校の近くです。
マイクロバスを借りての鎌倉旅行という企画です。
12~13人位集まったと思います。
バスの運転手を職業としている同級生が運転手役。(今回彼が一番大変でした)
鎌倉の大仏様を生で見たのは初めてということもあり、気兼ねない仲間と一緒に楽しい時間をすごすことが出来ました。

夜は千葉に戻って宴会。飲み会から来た人もいるので、15~16人位集まりました。
中学校は15歳で卒業ですから約25年経っています。たいしたもんだ。

私は埼玉県に住んでいますが、クラスの中には意外と地元に住んでいる人も多い。
実際、私も男連中の一部とは、未だに年最低一回は顔を合わせています。

時代も時代でしたが、お世辞にも優秀でまじめに勉強していた連中ではない。
中には「太田ちゃんだけは影で結構勉強していたよねー」なんて声も今だから出てくるが、私が影で勉強している姿を実際に見た人は誰もいないはずだし、ホントの所勉強など大してしていない。何度も言っているが今が一番勉強している。 イメージとは怖いものだ。(イメージの話は別の機会にお話しようと思います)

当日の男連中の話は、飲み屋のねーちゃんやギャンブルの話が中心。
日頃接している得意先のエリートサラリーマン達の話とは次元が違うが、それはそれで妙に心地よい。
25年ぶりに来た人が「みんな変わってないねぇー」と言っていた。
そういえば、うちのクラスは、「多少太ったかなぁー」 と言う人もいるが、頭が薄くなったり腹が出たりしているやつがほとんどいない。
すごいのは中学校時代から全く髪型が変わっていない奴もいる。
40歳で未だに「リーゼント」と言うのもある意味筋金入りだ。

中には「今の私を見てぇー」的に、ブランド品を身に纏い、本質的にはあまり意味のない所有物の話を自慢げに話すおばさんもいましたが、そういう性格や行動も含めて「皆あまり変わってないなー」と言う印象を受けました。

最近よく「地域に根ざす」とか「地域密着」という言葉を耳にしますが、「地域」というものは、単なる行政区分によるのでなく、こういったふれあいの場にもあるものなんだ。 と感じた次第です。

楽しい1日でしたが、いまひとつワクワク感が無かったのは、女性陣の中に自分の奥方が混じっていたからなのでしょうか?。。。
# by houyuu2 | 2005-11-21 13:18 | コミニュケーション
昨日11月17日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。

業務用酒類と食材の卸売会社を経営している新井社長のお誘いにより、
㈱アライの主催の「ボジョレーヌーボーを皆で楽しく飲む会」に参加しました。

2005年は「桁外れに素晴らしいワインが期待される」と評判らしいのですが、実はあまり良く知りません。

まわりの人はワインを嗜みながら、「これは少し渋めだ。」とか「香りがいい」とか言っておりました。

「太田さんどうです?」と振られましたが、「うーん よくわかりません」と答えました。
独り言。。「やっぱり焼酎の方がいいわ」

というより、今週は、日曜日の同窓会に始まり、一週間飲みっぱなしでして、少々肝臓がお疲れ気味です。
これから忘年会シーズンを向かえ、ますます飲む機会が増えます。 

ワインは健康にも良いというけれど、結局飲みすぎたら何でも体には毒。
今日ぐらいは飲まないで寝よう。
# by houyuu2 | 2005-11-18 16:56 | プライベート

能力向上委員会(2005.11.12)


今日は、パシコンの第40回道路部コンコンペに参加しました。
予報では、雨の様相でしたが、何とか持ちました。
スコアーはご想像にお任せします。

社長が、呑気にゴルフに興じている間に、
会社では、今期第1回目の能力向上委員会が開催されました。

能力向上委員会とは、社員同士が、日頃の業務に当っての不具合な点や、各々の
能力向上のための議論をする時間であります。

同時に、新しい市場や商品サービスに関する提案を、社長不在でも
(社長不在の方が)活発な意見交換が行われる場であります。
関連している個人の協力者も参加しています。

私は、ゴルフ帰りに立ち寄っただけですから、中身については把握しておりませんが、はっきり言って「凄い」。

10人未満の小さな会社で、これだけ社員が自主的に自分たちの環境を変えようと
考え動いている会社があるだろうか?

その熱気ぶりにを写真に撮ってお見せすればよかったですが、ゴルフ帰りでボケていましてそこまで気が回りませんでした。

その後、今日はじめて出会った新しいお仲間と食事をして親交を深め、ほろ酔い気分でこの「独り言」を書いています。

酔った勢いで書きますが、うちの社員の姿勢には頭が下がります。
決して優秀でも、エリートでもないのですが、自分的にはかなり最高です。

あたらしい仲間も増え、さらにパワーアップしそうな予感がします。
この勢いを結果に結びつけるには各人のセンスが何よりですが、経営者の
手腕も大いに問われるものと、かなりプレッシャーを感じます。


ナイスショットの感激の、数十倍の感激を会社に帰って感じた一日でした。
# by houyuu2 | 2005-11-12 00:24 | houyuu通信

c0035828_137364.jpg
 
10月28・29日の両日、恒例の豊友土木社員旅行に行ってきました。
当社の社員旅行は、社員が自主的に積立し、行き先や企画等も社員本位で決まります。
したがって、会社の経費も意向もほとんど入らず、幹事を中心に毎年行われます。
ただ、今回は私が幹事だったので、私の提案企画による鹿児島旅行となりました。

 今回は、㈱テイパープランの大黒社長夫妻をお招きしました。 鹿児島が故郷であるご両人の名ガイドにより、楽しい旅行となりました。
 
 帰りの飛行機が「エンジン故障で伊丹空港に緊急着陸」というハプニングもありましたが、皆無事に家路にたどり着き、一安心です。
 
 鹿児島県は、京都や奈良などのようなメジャーな観光地とは言い切れませんが、歴史や文化に溢れた良いところだと思います。

 日本には、このような自然と文化に溢れた街がまだまだたくさんあります。 
 日頃我々は、数値や理論に追われがちですが、歴史や文化や地域の人とふれあうことは、技術者としても経営者としても、幅広い見識と感性を養う上で必要なことだと思う今日頃ごろです。

 来年も楽しい旅行にいけるよう、1年間がんばりまーす。
 
 
# by houyuu2 | 2005-10-30 18:55 | houyuu通信

第17期スタート(2005.10.28)

おかげさまをもちまして、10月1日より当社の第17期がスタートしました。

前期において、お取引くださったお客様、社業に従事くださった社員並びに協力者の方々には深く感謝いたします。

今年も昨年に続き、全社員による年度経営計画発表会が今月の10日に開催されました。
今年は、当社の顧問税理士、社労士の先生方をオブザーバーに向かえ、税務関連や就業規則の変更点などのアドバイスを戴きました。

当社を取り巻く外部環境はますます厳しさを増し、内部環境も課題山積ですが、1年に1度、皆が中期・短期の方針や目標を確認しあうことは、誠に結構なことであると思います。

まずは、業務に従事する関係各位が健康で充実した1年間が送れますよう願うとともに、社業発展のため努力する所存ですので、今後ともよろしくおねがいします。
# by houyuu2 | 2005-10-30 17:49 | houyuu通信

寿命 (2005.10.13)


 同友会の地区会長になったせいなのか。 今年はやけに仏事が多い。 
 黒ネクタイはいつもかばんの中に入れておかなければならない。

 今のところ、知人や上司のご両親が亡くなった知らせを受けることが多いが、
 将来は、知人や上司の訃報を聞く場面に出会うであろう。

 私の両親も既に他界している。悲しいことではあるが病気で親が亡くなることはある意味順番的には全うで、寿命であったと言える。(かなり短いが。)

 寿命と割り切れないのが、事故や事件、災害で命を落とす場合であろう。
 パキスタンでは多くの方が命を落とし、交通死亡事故は毎日起こる。 昨日は踏切事故があり、殺人事件もぼぼ毎日に等しいのではないか。
 特に、親が子を失うケースの悲しみは、子供のいない私にとっては計り知れない。
 「命を守る。暮らしを守る。」という理念の民間ビジネスがもっと成長してもよさそうだ。

 日本が少子高齢化に進んでいるのは、既に誰もが知っている。
 「企業にもライフサイクルがあり、寿命がある」と言う説も何度も聞いた。
 企業が老いてきて衰退するのはある意味順番的には全うで寿命であったと言える。(長い短いはあるが)
 割り切れないかもしれないが、 事故や災害、国の施策、経営者の愚行・予見ミス等々によるの倒産もほぼ毎日起こっている。

 高齢者は元気である。私の周りにも老獪な経営者がごろごろいるし、その人達のバイタリティは凄まじい。 過去の栄光や特権にしがみつくことなく新しいことに挑戦している。
 当社に入った先輩達も、挑戦者達の中の一人だろう。
 憂うは、新しい人、もの、市場、事業の芽が見つけられないこと。生まれてこないこと。
 私など、16年も事業してもうすぐ40になるのに未だに若手、追っかけてくる人がいない。


 やはり「高齢化」より「少子化」の方が問題だ。。。。と私は思う。
 
 
 
 
# by houyuu2 | 2005-10-13 12:04 | ひとりごと