カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:大震災関連( 51 )

釜石


 10月の25-26日で岩手県の釜石市に行ってまいりました。
c0035828_19484639.jpg
 今回の訪問は、4年前から三陸地域で復興の仕事に携わっている弊社スタッフへの面会が目的です。

 予定していた時間の新幹線が満席で、急きょ一関からレンタカーとなりました。
c0035828_19453907.jpg

c0035828_19492983.jpg

 何とか夕方にはたどり着き、客先の事務所長さんを交え会食。
c0035828_19463537.jpg

c0035828_19472501.jpg

c0035828_19475760.jpg

 当社のH君も元気で頑張っていました。066.gif
ここでは書けませんが、愚痴や不満も聞いてあげましたよ。004.gif

 社業とは言え、単身で長いこと東北に身を置き、苦労もありますが、当社の理念でもある

 「ホウユウは地域の発展と福興に貢献する」を実践してもらいたいです。003.gif

今日のひとりごと
・地域とともに歩むホウユウ
・労い励ますことも社長の仕事




 


 
by houyuu2 | 2016-10-31 19:54 | 大震災関連

熊本地震

九州・熊本地震の被害が拡大しています。

被害に遭われた方々におかれましては、心からお見舞い申し上げます。

まずは、状況を見守りながら出番を待ちます。
c0035828_11520158.jpg
c0035828_12573573.jpg

今日のひとりごと
企業使命の血がうずく。

by houyuu2 | 2016-04-16 11:46 | 大震災関連

復興

先日、社員二名と東北に現地調査に行きました。
c0035828_21433330.jpg

宮古事務所に常駐している初見君も合流し、久しぶりに三人で晩飯を食べました。
c0035828_21433411.jpg



初見君が宮古に赴任して約1年。
関東から出向いた復興チームに加わる一方で、元々宮古で暮らす地域の人達とも合流を深めているようです。かなり釣りの腕はあげたみたい。001.gif

彼の近況を聞きながら、復興の在り方について、いろいろ議論しました。

「復興は進んでいるのか」
よく聞くフレーズで私も良く問われます。

TVで見るように、要所の復旧は出来ていますが、未だ仮設住宅に暮らす人はいますし、防波堤を含めた街づくりは進んでいません。

初見君の話を聞いていると、地元の方々は国や行政が進めようとしている大規模な復興計画を望んでいないように思えます。
すべての地域がそうだとは言えませんが。

百年に一度の津波に耐える防波堤。
どこかの先生が唱える街づくり。
なんていならい。

極論言うと現況復旧でいいと。

高い堤防なんていらない。
逃げるから。
それより避難路整備して欲しい

土地嵩上げしたり、高台に団地作って
大きなスーパー来るより、今まであった魚屋さんで買い物できるようにして欲しい。

何だか我々は地域の人が望んでない事を進めるために東京から来てるのか?
なんてジレンマに陥ったりします。014.gif

その一方で
テレビで映らない小さな復旧やコミニュティはあちこちで進んでいます。
もちろん行政からの支援は受けているのでしょうが、結構自力で再生してるのです。003.gif

住宅跡地にペンペン草が生えていますが、それも自然の摂理と考えれば長い目でみた再生なのかもしれません。
c0035828_21433592.jpg


薬や手術より自然治癒力に身体を委ねる治療法みたいな。

そう考えると
復興は確実に進んでいる。
のだと思います。

短い時間でしたが、これからの復興の在り方と我々の関わり方を考えるいい機会になりました。
これも今年から経営理念に「復興」を入れた影響かな。

初見さん中村さんありがとうございました。
c0035828_21433595.jpg



今日のひとりごと
・復興から福興へ
・人と街は自ら育つ
by houyuu2 | 2013-10-27 20:06 | 大震災関連

震災雑感


 おはようございます。
 久しぶりの更新です。
 
 今日は3月11日。東日本大震災から丸2年が経過しました。
 このブログは震災前から書いていますので当時の様子や気持ちを振り返る事が出来ます。
 新聞記事も載せていますのでお時間ある方は遡ってみてください。

 という事で、2年前の記事より 

 http://houyuu2.exblog.jp/16047873

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 日が経つにつれ被害の深刻さが増してきますね。
 被害に遭われた方々、こころからお見舞い申し上げるとともに、夜を徹して救助に当られている関係者の皆様に感謝申し上げます。

 私は、25年間の8割以上の時間、日本のどこかの地形図を眺める仕事をしてきました。
 いわゆる「道路平面図」という図面。

 地形や地質の分布を調べ、街の文化や歴史、開発の動向などをコントロールポイントとして、そこに道路の計画を入れていきます。
 今ある道路を改築する仕事もあれば、新しく通す道路もある。
 実際に出来上がった道路もいくつもあります。 

 三陸海岸の仕事もしました。 相双地区の仕事もしました。
 微力ではありますが、地図を通して、道路建設や街づくりに貢献してきた者にとって。。。
 連日、目の当たりにする「壊滅した街や道路・橋梁」の光景には、とても心が痛みます。

 今は見守ることしかできませんが、当然何れかならず出番が来ますのでそのときは被災地域のお役に立てるよう全社一丸で望む所存でございます。


 今日(2011.3.13)のひとりごと
・自然の驚異
・今出来ること
・最終列車は無い

////////////////////////////////////////////////////////////

 当時はまだ、自分たちが実際に復興に関われるかどうかは半信半疑でした。
 色々な人から「東北の方どうなの?」とか「復興進んでいるの?」と聞かれますが、答えに困ります。

 進んでいるとも言えるし、いないとも言えます。
 進んでいないと答えると自らを否定するようで心苦しいですが、進んでいるとも言い難い。
 明日がある限り、最終列車は無いのです。

 ただ、2年前に決意した思いが少しづつではありますが実現してきているとは思います。
 まだまだ道半ばですので当時の気持ちを忘れず、引き続き復興の一隅を担う所存です。

 
 今日のひとりごと

・強い思いは形になる。
・復興したかどうかは歴史が決める。
・今できることを全力でやる
 
  
by houyuu2 | 2013-03-11 07:20 | 大震災関連

何故やるのか

久しぶりに5時で仕事あがりました。

このところは朝5時に仮眠するので、半日早いあがり。

最近は、掛かって来る電話も、第1声が、
「大丈夫?」とか「寝てる?」とか。

そりゃ眠いは眠いですけど、インフルエンザも花粉症も寄りつかない程体調は◯。

マネージメントそっちのけで、一番働いちゃってる自分が、経営者としてどうかと言う問題はあります。

家族も結構心配してます。
「どうしてそこまでやるの?」

私は経験がないのでわかりませんが、45才って企業では管理職になるかならないかぐらいの年代かな。

スポーツ選手はピークが過ぎています。政治家では若い方。我々の仕事も30代程無理が効かなくなる年代。

でもね。
東日本大震災が起きた今、もし自分が小学生だったり、80過ぎのおじいちゃんだったらどうしていたろう。

震災があと20年早くか遅く起こっていたら、今のような復興の仕事に携われただろうか。

不謹慎ではありますが、今起きてなければ、今のような徹夜続きで仕事することはない。今まで培った知識と経験をフルに発揮して仕事に活かすことができる。

何年かたって「あの時」と言えるようになりたい。今年46才の人は丙午の俺らしかいない。

こんなラッキーなことはめったにない。学生でも新人のペーペーでも一線退いたわけでもないまさに現役バリバリ。

今やらないでどうする。
数年後に架かるであろう「気仙沼のシンボル橋」を想像すると震えてくる。

仕事冥利に尽きる。
神様と親父が「今やりなさい」と言っている。
戦略もマーケティングも無し。


ただそれだけ。


今日のひとりごと
・命の使い方
・私達は選ばれたのだ。
by houyuu2 | 2012-03-16 20:09 | 大震災関連

大震災から1年


 連日の激務でお疲れぎみのレフティ社長です。

 未曽有の大震災から1年が経ちました。
 被害にあわれた方々に改めてお見舞い申し上げます。

 長いようであっという間だったような気がします。
 最近テレビ見てないけど今日くらいは各局特番やるんでしょうね。

 ほんとは一年前のブログとか読み返したいところですが、復興業務と年度末業務のダブルパンチで休む間もありませんよ。

 いろいろ思いがあってブログに書こうと思っていたのですが、忙しすぎて忘れてしまいました。

 来週からは地元説明会が始まります。

 説明会はナイター。その後徹夜で修正して翌日また説明会。の繰り返しかな。
 かなりハードですが復興地の皆さんのために頑張りマウス。


 今日のひとりごと
・さすがに疲れました。
by houyuu2 | 2012-03-11 01:32 | 大震災関連

あと1ヶ月

今日は2月11日。未曾有の大震災から11ヶ月が経ちました。

被害に遭われた方々には改めてお見舞い申しあげます。

最近は「4年以内に首都圏直下型地震が起きる確率70%」なんて報道がされてますが、そんな予測できるんだったら、去年言って下さいって思いますね。

原発周辺の住民を含めて被災した方々の生活は一変しました。

当社もまたいつものように年度末を迎え多忙な日々を送っていますが、去年と今年では明らかに潮目の違いを感じます。

自分達に出来ることを確実にこなしていこうと思います。

毎日全社総出で頑張っておりますが、様々な場面で人手不足を感じます。そもそも旗振り足りないんじゃない?

c0035828_11193431.jpg


今日のひとりごと
・震災以来ずっと作業服着ています。
・ふっころう!東北
by houyuu2 | 2012-02-11 11:00 | 大震災関連

気仙沼へ


 最近はFaceBooK中心でなかなかブログ更新できませんね。

 一昨日昨日で気仙沼に行ってきました。

c0035828_19235427.jpg


c0035828_192429100.jpg


c0035828_192450100.jpg


c0035828_19251175.jpg


c0035828_1926321.jpg


c0035828_19283447.jpg


c0035828_19292020.jpg


c0035828_19294477.jpg


c0035828_1931156.jpg


今日のひとりごと
・被災地の冬は厳しい
・まだまだ復興は先
by houyuu2 | 2011-11-25 19:33 | 大震災関連

支援物資

先日の、鮎川漁港の現場調査の話の続編。

午前中の調査を終えて、お昼ご飯を食べようとあたりをウロウロ。

旧町役場近くの公民館で、地域の人たちが市場を開いていました。
c0035828_0245184.jpg


どうやらここは避難所になっていたようです。
c0035828_0245457.jpg


c0035828_0245524.jpg


c0035828_0245731.jpg


市場のおばちゃんに何も考えず、
「この辺で、食事できるとこありますか?」

おばちゃん。
笑顔で、「どこにも無いわよ(^-^)」

さらに、「今日届いたから、これ食べて」と、パンとおにぎりを差し出しました。

これって、支援物資?
c0035828_0245832.jpg


そうだよね〜。食堂なんてあるわけ無いじゃん。(=´∀`)仙台港と同じつもりでいた。

結局、当社スタッフの初見君と二人して貴重な食糧をいただき、市場の品物を何も買わず、6km離れたコンビニまで飲み物を買いに戻ったのでした

復興の仕事で来てるのに、支援物資もらってどうする〜(ーー;)

今日のひとりごと。
・そんなつもりはなかった
・益々仕事がんばろう。
by houyuu2 | 2011-08-18 08:54 | 大震災関連

鮎川漁港

だいぶ更新滞りました。

帰京後も、震災関連の仕事を持ち帰りながら、こちらの仕事をやっています。
結構バタバタしており、気がついたら二週間たっていました。

先週は石巻の先にある鮎川漁港というところに調査に行きました。
c0035828_178828.jpg

仙台港と違い、地方の集落は過日の報道のままの状態が今も続いています。
c0035828_1781042.jpg


c0035828_1781125.jpg


今回の仕事は護岸と隣接する港湾道路の復旧。地盤全体が沈下しており、潮が満ちてくるとみるみるうちに浸水していきます。
c0035828_1781263.jpg

c0035828_1781485.jpg

c0035828_1781510.jpg


先日、復旧は進んでいると申し上げましたが、このような光景を見ると、まだまだ支援の必要性を強く感じます。

うだるような暑さと壊滅的な沿岸部と対照的に静かで穏やかな海が皮肉にも印象的でした。

このような、報道機関やボランティアなども余り来ない小さな漁村が沢山あるんでしょうね。

今日のひとりごと。
・ほんとの被災地
・がんばっぺ東北
・答えは現場にあり
by houyuu2 | 2011-08-15 01:35 | 大震災関連